コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村林昱 きむら しげてる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村林昱 きむら-しげてる

1797-1858 江戸時代後期の和算家。
寛政9年7月26日生まれ。木村真紀(まさのり)の父。石見(いわみ)(島根県)津和野藩士。堀田仁助(にすけ),内田五観(いつみ)にまなぶ。藩校養老館の数学稽古世話人,関流算学世話役をつとめた。門下に桑本正明をだし,藩主亀井茲監(これみ)にもおしえた。安政5年3月6日死去。62歳。通称は俊左衛門。号は南堆。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

木村林昱の関連キーワードケクレティーク大原幽学遺跡アフリカ探検シーボルト(Philipp Franz Balthasar von Siebold)安政の大獄蔀関月アーガー・ムハンマドウルストンクラフトレオーベンの仮条約