コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桑本正明 くわもと まさあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桑本正明 くわもと-まさあき

1830-1863 幕末の和算家。
天保(てんぽう)元年生まれ。石見(いわみ)(島根県)津和野藩士。木村林昱(しげてる),内田五観(いつみ)らにまなび,藩校養老館で関流の和算をおしえる。藩主亀井茲監(これみ)に重用されたが,攘夷(じょうい)派の藩士に文久3年10月2日斬殺(ざんさつ)された。34歳。通称は才次郎。号は毅山,衣帛堂。著作に「尖円豁通(せんえんかつつう)」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桑本正明の関連キーワード奴隷制廃止運動グリュックスボー朝グリュクスボー朝パーマストン(子)民衆を導く自由の女神ギゾースタンダールフランス史(年表)ブンゼンベネズエラ

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone