コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内田五観 うちだいつみ

6件 の用語解説(内田五観の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内田五観
うちだいつみ

[生]文化2(1805).3. 江戸
[没]1882.3.29. 東京
幕末,明治初期の和算家。通称弥太郎,字は思敬,観斎と号した。本姓宮野,幕臣内田氏の養子となる。 11歳で日下誠の門に入り,18歳で関流の皆伝を授けられ,関流宗統6伝についた。高野長英に蘭学を学び,西洋天文学も吸収した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うちだ‐いつみ【内田五観】

[1805~1882]幕末・明治初期の数学者。江戸の人。通称、恭。日下誠(くさかまこと)・高野長英に数学・蘭学を学ぶ。明治政府に仕えて太陽暦の採用に貢献。著「古今算鑑」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内田五観 うちだ-いつみ

1805-1882 江戸後期-明治時代の和算家,暦算家。
文化2年3月生まれ。日下誠に和算,高野長英に蘭学をまなぶ。家塾を瑪得瑪弟加(マテマテカ)塾,詳証館と名づけた。明治4年天文局督務となり,太陽暦への改暦事業にあたった。12年東京学士会院会員。明治15年3月29日死去。78歳。江戸出身。本姓は宮野。名ははじめ恭,観。字(あざな)は思敬。通称は弥太郎。号は観斎,宇宙堂。編著に「古今算鑑」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

内田五観

没年:明治15.3.29(1882)
生年:文化2(1805)
幕末明治期の関流和算の大家。天文,暦学,測量にも詳しく明治の太陽暦改暦に大きく貢献した。通称弥太郎,字は思敬またウチダの音から宇宙堂ともいった。幕臣の養子で江戸に住んだ。算学の師,日下誠は「穎悟精敏にして衆技に通暁す。初めて数を我に学びしは,時に年甫めて十一,儕輩中嶄然としてすでに頭角を見わす,未だ弱冠にして,其隠微を窮む。弟子多くこれを慕う。余もまた才子の出門を喜び,意に関氏宗統之訣を悉くこれに属せしむ」と称揚している。瑪得瑪第加(マテマチカ)という家塾を開き,多くの門人を抱え,高野長英とも親交があった。幕府崩壊後の明治3(1870)年大学出仕天文暦道御用掛,星学局取締督務。同4年大学助教,文部省出仕,天文局督務となり,もっぱら太陽暦改暦(明治5年採用)の作業に当たった。明治12年東京学士会院会員となる。『古今算鑑』ほか著書は多い。

(内田正男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

うちだいづみ【内田五観】

1805‐82(文化2‐明治15)
幕末から明治初期にかけての数学者,暦学者。通称弥太郎,観(よくみ)または五観といい,字は思敬,号は観斎またはうちだをもじって宇宙堂という。日下誠に数学を習う。高野長英に洋学を学ぶ。内田は数学ばかりでなく天文・地理・測量・蘭学にも通じ,自分の塾を瑪得瑪第加,すなわちマテマテカと称して,多くの子弟を養成するとともに,多数の数学書を自分自身および弟子たちのために出版した。内田の《古今算鑑》(1832)は,各地の弟子が奉納した算額の問題を集めて一書としたものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

うちだいつみ【内田五観】

1805~1882) 幕末・明治初期の数学者。江戸の人。通称、恭、のち弥太郎。蘭学を高野長英に、数学を日下誠(1764~1839)に学ぶ。維新後、太陽暦への改暦にあたった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の内田五観の言及

【円理】より

…これらの積分表を円理豁術あるいは円理表という。内田五観は和田寧から円理表を教わり,これらを整理しなおして,《円理闡微表》にまとめ,弟子に配布した。内田によって円理表は広く行き渡った。…

【和算】より


[幕末の和算]
 安島直円の弟子日下(くさか)誠(1764‐1839)は,多くの数学者を育てた。和田寧(1787‐1840),長谷川寛(1782‐1838),内田五観(1805‐82)らである。和田は数多くの定積分表を作製し,それを弟子に与えた。…

※「内田五観」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

内田五観の関連キーワード川之辺一朋和算家加賀美山登葛西忠隆川北朝鄰佐久間纉宅間能清竹内重信千葉六郎橋本守善

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone