木枯(読み)こがらし

世界大百科事典 第2版の解説

こがらし【木枯】

都山流尺八楽の本曲の一つ。1923年11月,都山流流祖初世中尾都山の作曲。関東大震災ののち,一面焼野原と化した東京の芝公園の丘の上に立ち,吹きすさぶ木枯しにあたって万感胸に迫り,即興的に作曲した。尺八独奏で,全曲1段構成。4/4拍子でとおしているが,遅いテンポからだんだん速くなる。小品ではあるが,荒涼・寒けさなどの情感が美しく表現され,都山流本曲中の名曲の一つといわれる。【上参郷 祐康】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐がらし【木枯】

〘名〙 生木(なまき)を乾燥させること。
※歌舞伎・鏡山錦栬葉(加賀騒動)(1879)四幕「木枯(キガ)らしがしてござりますれば、早速仕上げて明日にも、納めまするでござりませう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木枯の関連情報