小品(読み)ショウヒン

  • しょうひん セウ‥
  • しょうひん〔セウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 小さい品物。
※西洋道中膝栗毛(1874‐76)〈総生寛〉一五「家具絹布及び諸の小品(セウヒン)を販売する肆店あり」
② 絵画・彫刻・音楽・文学などの簡潔で小規模の作品。
※一年有半(1901)〈中江兆民〉二「和歌僅々三十一字、是れ世界文章中小品の又小品也」
③ 「しょうひんぶん(小品文)①」の略。〔世説新語‐文学〕
※小品作法(1911)〈水野葉舟〉「私の第二の小品集『響』などは、その小品といふ言葉の表れて来た初めの時分に公にされたものである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の小品の言及

【コント】より

…19世紀に入ってバルザックの《コント・ドロラティク(風流滑稽譚(こつけいたん))》やフローベールの《トロア・コント(三つの物語)》などが生まれたが,とりわけモーパッサンがこの形式を愛用した。日本では掌編小説,小品とも訳され,風流を取りこんだ日常観察の断片や,気のきいた風刺や諧謔(かいぎやく)味のある短編をさす。江戸小咄などの楽しい語りの伝統を受け継いだ近代的な文学ジャンルといえる。…

※「小品」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小品の関連情報