木素貴子(読み)もくそ きし

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「木素貴子」の解説

木素貴子 もくそ-きし

?-? 飛鳥(あすか)時代の渡来人
百済(くだら)(朝鮮)の人。祖国滅亡により,天智天皇2年(663)余自信(よ-じしん),谷那晋首(こくな-しんす),憶礼福留(おくらい-ふくる)や,そのほかの国民(くにのたみ)とともに来日。大友皇子(のちの弘文天皇)の賓客となり,10年兵法に通じているとして大山下(だいせんげ)の位をあたえられた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android