木素貴子(読み)もくそ きし

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「木素貴子」の解説

木素貴子 もくそ-きし

?-? 飛鳥(あすか)時代の渡来人。
百済(くだら)(朝鮮)の人。祖国滅亡により,天智天皇2年(663)余自信(よ-じしん),谷那晋首(こくな-しんす),憶礼福留(おくらい-ふくる)や,そのほかの国民(くにのたみ)とともに来日。大友皇子(のちの弘文天皇)の賓客となり,10年兵法に通じているとして大山下(だいせんげ)の位をあたえられた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゴールデンカムイ

「週刊ヤングジャンプ」(集英社発行)で2014年38号より連載されている北海道出身の漫画家・野田サトルの漫画作品。日露戦争の帰還兵である杉元佐一が北海道で一攫千金を目指して繰り広げる冒険劇で、作中のア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android