コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木舞/小舞 コマイ

デジタル大辞泉の解説

こ‐まい〔‐まひ〕【木舞/小舞】

壁の下地として、縦横に組んだ竹や細木。
垂木(たるき)の上に横に渡し、屋根裏板・杮板(こけらいた)などを受ける細長い材。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

木舞【こまい】

(1)野地板,こけら板((こけら))等を受けるために垂木(たるき)の上に取り付けられた。広木舞,敷木舞,化粧木舞等の別がある。(2)和風土壁下地である(ぬき)の竹。
→関連項目

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

こまい【木舞/小舞】

土壁(つちかべ)の下地。細く割った竹を、3~4cmくらいの間隔をあけて格子状にで組んだもの。

出典|講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について | 情報

木舞/小舞の関連キーワード木舞掻き・木舞搔き呼び塗り・呼塗り下地窓・助枝窓化粧屋根裏荒壁・粗壁水木 歌澄小間返し木舞掻き解体工事小屋組み左官工事柿葺き下げ縄下地窓荒打ち間度し木舞貫木舞壁広小舞木舞竹

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android