木菟入(読み)ズクニュウ

デジタル大辞泉の解説

ずく‐にゅう〔づくニフ〕【木菟入】

僧や坊主頭の人をののしっていう語。
「如才(じょさい)なきお吉は吾(わが)夫をかかる―にまで好く評(い)わせんとて」〈露伴五重塔

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ずくにゅう【木菟入】

〔「木菟みみずく入道」の意か〕
僧や坊主頭の人をののしっていう語。 「あの鑓持は掃除坊主の道善、さあ知れた〱-めら/浄瑠璃・下関猫魔達」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ずく‐にゅう づくニフ【木菟入】

〘名〙
① ふとっていてにくにくしい僧や坊主頭の人をののしっていう語。なまぐさ坊主、たこ坊主の類。木菟入坊主。
※俳諧・やつこはいかい(1667)「小六ころりと今はなきあと りうたつと云づくにうがはやり出」
※五重塔(1891‐92)〈幸田露伴〉八「かかる俗僧(ヅクニフ)にまで好く評はせんとて」
② 頭をいう語。
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)六「づくにう(天窓)、打(にや)してやつくれべいか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android