木菟入(読み)ズクニュウ

デジタル大辞泉の解説

ずく‐にゅう〔づくニフ〕【木菟入】

僧や坊主頭の人をののしっていう語。
「如才(じょさい)なきお吉は吾(わが)夫をかかる―にまで好く評(い)わせんとて」〈露伴五重塔

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ずくにゅう【木菟入】

〔「木菟みみずく入道」の意か〕
僧や坊主頭の人をののしっていう語。 「あの鑓持は掃除坊主の道善、さあ知れた〱-めら/浄瑠璃・下関猫魔達」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android