コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

如才/如在 ジョサイ

デジタル大辞泉の解説

じょ‐さい【如才/如在】

[名・形動]2が原義》
気を使わないために生じた手落ちがあること。また、そのさま。手抜かり。多く、下に否定の語を伴って用いる。
「お前に―は有るまいけれど」〈一葉十三夜
「これは御―でございます」〈滑・膝栗毛・二〉
《「論語」八佾(はちいつ)の「祭ること在(いま)すが如くし、神を祭ること神在(いま)すが如くす」から》(如在眼前に神・主君などがいるかのように、謹みかしこまること。にょざい。
「日を逐うて―の霊殿を仰ぐ」〈謡・松尾〉
[補説]「さい」は「在」の漢音。誤って「如才」とも書いた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

如才/如在の関連キーワードメフィストフェレスやいのやいの如才が無い如在・如才八方美人手抜かり如才無いタクト上手者手取り立回り手落ち気働き木菟入松尾霊殿原義

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android