コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木食虫 キクイムシ

デジタル大辞泉の解説

きくい‐むし〔きくひ‐〕【木食虫】

甲虫目キクイムシ科および近縁の科に属する昆虫の総称。体長0.8~11ミリ。体は楕円形または円筒形で、木に穴を掘って生活する。マツノキクイムシ・クリノミクイムシなど。 夏》
等脚目キクイムシ科の甲殻類体長3ミリほど。体は半円筒形で黄白色をし、背面に黒い模様がある。海中の木材に食い入り、木船などに被害を与える。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

木食虫 (キクイムシ)

動物。キクイムシ科の昆虫の総称

木食虫 (キクイムシ)

学名:Limnoria lignorum
動物。キクイムシ科の海産動物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

木食虫の関連キーワード楕円形動物近縁

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木食虫の関連情報