コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木船 もくせん wooden ship

5件 の用語解説(木船の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木船
もくせん
wooden ship

木造船ともいい,木材を主材料として建造された。現在でも機帆船などの小型貨物船や小型の客船,漁船をはじめ,はしけ,引船などには木船が多い。その材料,構造方法,各部材の寸法などについて,日本では船舶安全法の付属規則の木船構造規則 (1958.7.1.施行) ,漁船特殊規則 (34.3.1.施行) にその基準が示されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

もく‐せん【木船】

木造の船。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きぶね【木船】

中世から近世、薪炭や材木などを運んだ船。

もくせん【木船】

木造船。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木船
もくせん

木材を主要構成材とする船。船の歴史が始まって以来1800年代の中ごろまではイギリスヨーロッパでもほとんどの船が木船だった。鉄船にかわってきたのは、1870年代からである。使用する木材にはカシ、ケヤキ、ナラなどの硬材と、マツ、スギ、ヒノキなどの軟材がある。硬材は強度を必要とする船尾材、舵(かじ)材、機関台などに、軟材は強度を要しない部分に使用された。木材は釘(くぎ)で接合し、水の浸入を防ぐため木材と木材の間にオーカム(まいはだ)をたたき込んだりパテを詰めたりした。構造様式には日本古来の和船型と西洋型がある。和船型は上甲板を張り詰めていなかったので復原性が劣り、日本でも1800年代の末期(明治30年ごろ)から大型は甲板の張り詰められた西洋型が主流となった。西洋型一層甲板船の構造様式の主要部分、すなわち、板を張り詰めた甲板、外板を内側の骨材のフレームやビームで補強する方式は、その後の鉄船、鋼船の横式構造に引き継がれている。
 木船は鋼船に比べて、船体重量が重い、釘での接合部が緩みやすく構造が弱い、腐食や摩耗が早いなどの欠点はあるが、古くから伝えられた技術で容易に建造できるので、適切な建造用木材が得られる間は盛んに建造された。しかし、日本では1960年代(昭和30年代後半)ごろから、木船に適する長大な木材、とくにキール材になる1本ものの材料が不足し始め、急速に木船の建造は困難になってきた。現在では、鋼船やアルミニウムを主とする軽金属船、プラスチック(FRP)船にとってかわられている。[森田知治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木船の関連キーワード木構造造船木造りゲル化材質主材木材パルプ船舶建造保険FRP漁船烏賊鍋

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

木船の関連情報