コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

未払い残業代 ミバライザンギョウダイ

1件 の用語解説(未払い残業代の意味・用語解説を検索)

人事労務用語辞典の解説

未払い残業代

従業員が法定労働時間を超えて働いたにもかかわらず、会社から労働基準法で定められた時間外割増賃金が支払われない場合、この賃金債権を「未払い残業代」と呼びます。現在の民法の規定では、賃金債権の時効は2年。したがって労働者は最大で過去2年分までさかのぼって、未払い残業代を請求することができます。
(2010/12/6掲載)

出典|『日本の人事部』
Copyright © 2004- 2009 iQ. Co., Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

未払い残業代の関連キーワード時間外労働実労働時間労働時間所定外労働時間変形労働時間制残業法定労働時間所定労働時間36協定みなし労働時間

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

未払い残業代の関連情報