コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

未開美術 みかいびじゅつ

世界大百科事典 第2版の解説

みかいびじゅつ【未開美術】

いわゆる未開民族の美術に対して用いられる呼称で,〈原始美術〉とも訳されるプリミティブアートprimitive artの訳語。未開美術といっても単一の様式があるわけではなく,それぞれの民族,社会によって固有の発展を見せ,固有の性質を有している。そこで,部族社会の美術という意味から,部族美術という呼称が用いられたり,未開美術の前に〈いわゆるso‐called〉をつけて用いられたりする。先史美術部族美術【木村 重信】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の未開美術の言及

【部族美術】より

…部族美術はこれまで〈未開美術(プリミティブ・アート)〉とも呼ばれてきたが,〈未開〉という語に事実の裏づけがなく,定義があいまいであるため,最近ではこの名称が用いられる。しかし部族美術は一つの現象をさすわけではなく,互いに異なる多種多様な様式と性格を有している。…

※「未開美術」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone