コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

部族美術 ぶぞくびじゅつtribal art

世界大百科事典 第2版の解説

ぶぞくびじゅつ【部族美術 tribal art】

部族美術はこれまで〈未開美術(プリミティブ・アート)〉とも呼ばれてきたが,〈未開〉という語に事実の裏づけがなく,定義があいまいであるため,最近ではこの名称が用いられる。しかし部族美術は一つの現象をさすわけではなく,互いに異なる多種多様な様式と性格を有している。本項ではアフリカオセアニア北アメリカの部族美術について述べる。
[アフリカ]
 中部アフリカのナイジェリアでは前500‐後200年にノク文化が興り,単純かつ明快なテラコッタ製の人物像がつくられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

部族美術の関連キーワードナイジェリア原始美術ノク文化

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android