末拍子(読み)スエビョウシ

大辞林 第三版の解説

すえびょうし【末拍子】

宮廷の神楽かぐらで、本方の次に奏する末方の主歌唱者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

すえ‐びょうし すゑビャウシ【末拍子】

〘名〙 宮廷の神楽は、本方の次に方が奏するが、その末方の歌唱者の長(主唱者)のこと。「庭火」を独唱する。末の拍子。
※続古事談(1219)五「公親本拍子、時助末拍子、しながとりいせんまの哥つかうまつるべきよし公親に仰せられけるに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の末拍子の言及

【拍子】より

…次に,特定の演奏者を拍子と呼ぶ分野がある。雅楽では東遊(あずまあそび),久米歌,催馬楽(さいばら)などにおける声楽パートの主席唱者を拍子といい,御神楽(みかぐら)では本方(もとかた)と末方(すえかた)に1人ずついる主唱者を,本(もと)拍子,末拍子という。それは,これらの主唱者が,笏拍子を打ちながら声部全体をリードすることによっている。…

※「末拍子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android