コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本方 ホンポウ

デジタル大辞泉の解説

ほん‐ぽう〔‐パウ〕【本方】

漢方で、昔からきまっている調剤の方法。

もと‐かた【本方/元方】

宮廷の御神楽(みかぐら)のとき、二組に分かれた歌い手のうち、先に歌いはじめる方。神殿に向かって左側に位置する。⇔末方(すえかた)
卸売りする店。問屋。また、製造元。
事業の元手を出す人。出資者。また、興行の主催者。興行主。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

もとかた【本方】

宮中で行われる儀式音楽,御神楽(みかぐら)で,神楽歌を歌う歌方の名称の一つ。本方が歌う歌を本歌(もとうた)という。歌方は本方と末方(すえかた)に分かれ,本方は神殿に向かって左側に,末方は右側に向かい合って座る。末方と同様に,歌の音頭(おんど)をつとめる人が笏拍子(しやくびようし)を持ち拍子を打つ。本方が先に歌い出し,そのあと末方が同じ曲を歌って応答する形となる。また本方には伴奏楽器のうち,和琴(わごん)と神楽笛が属する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほんぽう【本方】

漢方で、昔から定まっている調剤の処方。 「薬ノ-/日葡」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の本方の言及

【御神楽】より

…その構成は,人長,和琴(わごん)1,神楽笛1,篳篥(ひちりき)1,笏拍子(しやくびようし)を打つ主唱者2人と唱和の歌方である。これを二方に分かち,神殿に向かって左を本方(もとかた),右を末方(すえかた)とし,神楽歌の本歌,末歌をそれぞれ受け持つ。儀式は人長の作法と,本・末の受け持つ神楽歌から成るが,人長の指図で座を鎮め,《庭火》の曲で各楽器の音を試みることから始まる(人長式)。…

※「本方」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

本方の関連キーワード基本方針(農業経営基盤強化促進基本方針)特定空港周辺航空機騒音対策特別措置法ホームレス自立支援の実施計画セキュリティーポリシーエネルギー政策基本法首相のTPP発言問題骨太の方針と成長戦略キーノートスピーチコピーディレクターコピーストラテジー国家安全保障戦略経済財政諮問会議金融政策決定会合アクションプラングリーン購入法三十根北小島マクスウェル原子力基本法農政審議会中小企業庁

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

本方の関連情報