コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

庭火/庭燎 ニワビ

3件 の用語解説(庭火/庭燎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

にわ‐び〔には‐〕【庭火/庭×燎】

庭でたく火。特に、神事の庭にたくかがり火。また、宮中の御神楽(みかぐら)でたくかがり火。柴灯(さいとう)。 冬》
宮中の御神楽の一曲で、楽器の調子合わせに続いて行う一種の序曲。歌は採り物の葛(かずら)の歌。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

にわび【庭火】

御神楽(みかぐら)の曲名。また神楽を奏するとき,場の清浄と照明のために庭上で焚くかがり火。〈庭燎〉とも書く。宮中の御神楽には,儀式が始まる前に,この庭火の前で神迎えの意義を担う作法があるが,そのとき《庭火》が演奏される。本方(もとかた)・末方(すえかた)の唱者が独唱する《庭火》の歌詞は〈深山(みやま)には 霰(あられ)降るらし 外山(とやま)なる〉で,本・末同歌詞。この歌の下の句〈柾(まさき)の葛 色つきにけり〉は歌わない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

にわび【庭火】

庭でたく火。特に、宮中で神事が行われる際に庭でたかれる篝火かがりび。 「 -の煙のほそくのぼりたるに/枕草子 142

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の庭火/庭燎の言及

【御神楽】より

…これより古くから宮中で行われていた鎮魂祭,大嘗祭(だいじようさい)の清暑堂神宴,賀茂臨時祭の還立(かえりだち)の御神楽,平安遷都以前から皇居の地にあった神を祭る園韓神祭(そのからかみさい)等の先行儀礼が融合・整理されて,採物(とりもの),韓神,前張(さいばり),朝倉,其駒(そのこま)という〈内侍所の御神楽〉の基本形式が定まり,以来人長(にんぢよう)作法,神楽歌の曲目の増減等,時代による変遷はあったものの,皇室祭儀の最も重要なものとして,よく古式を伝えて今日にいたっている。 御神楽は夕刻から深夜にかけて,神前の庭に幕を張って楽人の座を設け,庭火を焚いて座を清め,これを明りとして行われる。奉仕の楽人は,明治以前までは,堂上,地下(じげ)ともに特定の家柄の者が当たったが,現在は宮内庁楽部の楽人がつとめる。…

※「庭火/庭燎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

庭火/庭燎の関連キーワード神楽笛伊勢神楽神楽師神楽銭神楽殿神楽巫女賢所御神楽獅子神楽庭神楽夜神楽

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone