コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末方 スエカタ

デジタル大辞泉の解説

すえ‐かた〔すゑ‐〕【末方】

宮廷の御神楽(みかぐら)のとき、二組に分かれた歌い手のうち、あとに歌いはじめる側。神殿に向かって右側に位置する。⇔本方(もとかた)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

すえかた【末方】

宮中で行われる儀式音楽,御神楽(みかぐら)で,神楽歌(かぐらうた)をうたう歌方の名称の一つ。末方がうたう歌を末歌(すえうた)という。歌方は本方(もとかた)と末方の二手に分かれ,本方は神殿に向かって左側に,末方は向かって右側に向かい合って座る。本方と同様に,歌の音頭(おんど)をつとめる人が笏拍子(しやくびようし)を持ち拍子を打つ。本方が先にうたい出し,そのあと末方が同じ曲をうたって応答する形となる。また,末方には,伴奏楽器の一つである篳篥(ひちきり)が属する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

すえかた【末方】

神楽歌かぐらうたの、楽人が二方に分かれた一方の称で、神殿に向かって右方に座り、あとからうたう方。 ↔ 本方もとかた
末のほう。末つ方。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の末方の言及

【御神楽】より

…その構成は,人長,和琴(わごん)1,神楽笛1,篳篥(ひちりき)1,笏拍子(しやくびようし)を打つ主唱者2人と唱和の歌方である。これを二方に分かち,神殿に向かって左を本方(もとかた),右を末方(すえかた)とし,神楽歌の本歌,末歌をそれぞれ受け持つ。儀式は人長の作法と,本・末の受け持つ神楽歌から成るが,人長の指図で座を鎮め,《庭火》の曲で各楽器の音を試みることから始まる(人長式)。…

※「末方」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

末方の関連キーワード神楽(歌舞)阿知女作法本方・元方末つ方末拍子庭火本辺右方楽人二方本末

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

末方の関連情報