コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末梢神経麻痺 まっしょうしんけいまひperipheral nerve paralysis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

末梢神経麻痺
まっしょうしんけいまひ
peripheral nerve paralysis

末梢神経の障害による麻痺のこと。単一の神経または神経幹が侵された場合 (橈骨神経麻痺顔面神経麻痺など) は単神経麻痺,いくつかの神経が同時に侵された場合は多発性神経麻痺という。原因は,多くが外力による損傷,圧迫などであるが,感染,中毒,代謝異常などの全身的障害によることもある。単なる打撲や圧迫によるものは神経の機能的離断で,しびれよりも筋力低下が強く現れるが,数日で回復する。神経線維のうち軸索だけを侵された場合には,直後から筋肉が麻痺し,完全な知覚脱失をきたすが,数ヵ月で回復する。軸索と髄鞘が完全に離断された場合は,受傷直後から完全な運動および知覚麻痺が起り,経過はよくない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

末梢神経麻痺の関連キーワード末梢神経損傷末梢神経尖足

末梢神経麻痺の関連情報