本卦(読み)ホンケ

大辞林 第三版の解説

ほんけ【本卦】

生まれた年の干支えと
本人の生まれ年の干支をもとに算木で占う占い。
「本卦還ほんけがえり」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほん‐け【本卦】

〘名〙
① 生まれた年の干支(えと)のこと。〔日葡辞書(1603‐04)〕
浄瑠璃・小野道風青柳硯(1754)二「年は本卦(ホンケ)を越えながら」
③ 占いの一種。
※言継卿記‐天文二年(1533)九月二四日「葉雪に左兵衛督本卦之事申に罷向候。両三日之中に可撰之由申了。十疋遣了」
④ 占いで、二回算木を置いて判断する時、その初めの卦をいう。二回目の算木が一回目と異なる時、それを変卦(へんか)という。
※浄瑠璃・国性爺合戦(1715)唐船「我らが本卦(ホンケ)師の卦に当て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

本卦の関連情報