コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本多久貞 ほんだ ひささだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多久貞 ほんだ-ひささだ

1800-1865* 江戸時代後期の武士。
寛政12年生まれ。陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)藩士。藩主津軽信順(のぶゆき)・順承(ゆきつぐ)につかえる。天保(てんぽう)7年凶作にみまわれた際,町奉行として食糧を確保して領民をたすけ,10年用人となる。洋学や洋式砲銃の導入につとめた。元治(げんじ)元年12月15日死去。65歳。通称は東作

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

本多久貞の関連キーワードアメリカ合衆国史(年表)インド哲学フォーレ定率減税水俣病第1次訴訟フィッセル辛酉教獄正祖勢道政治ドルトン

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android