コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本多新八郎 ほんだ しんぱちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多新八郎 ほんだ-しんぱちろう

?-? 江戸時代中期-後期の武士。
陸奥(むつ)気仙郡(岩手県)の郷士。江戸にでて種田幸忠(ゆきただ)に槍術(そうじゅつ)をまなび,剣術・薙刀(なぎなた)・馬術などにもすぐれる。文化3年(1806)ロシア軍艦が樺太(からふと)(サハリン)をおかした際,種田にしたがい防備にあたる。のち常陸(ひたち)(茨城県)筑波(つくば)で武術,軍学をおしえた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone