コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本多日生 ほんだ にっしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多日生 ほんだ-にっしょう

1867-1931 明治-昭和時代前期の僧。
慶応3年3月13日生まれ。明治23年日蓮宗(にちれんしゅう)妙満寺派(のちの顕本法華宗)の教務部長となる。急進的な宗門改革をとなえ,一時宗門を追放される。38年管長。天晴会,地明会を組織して門下統合,布教につくした。昭和6年3月16日死去。65歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。俗姓国友幼名は長次。著作に「大蔵経要義」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

本多日生の関連キーワード妹尾 義郎妹尾義郎

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android