コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本多日生 ほんだ にっしょう

2件 の用語解説(本多日生の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

本多日生

顕本法華宗管長。兵庫県生。東洋大学の前身である哲学館に学び、宗門整備と仏教統一論を唱え、布教を中心とする教団の建設を目指した。『法華経講義』『日蓮聖人伝』等多数の著書がある。昭和6年(1931)寂、64才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多日生 ほんだ-にっしょう

1867-1931 明治-昭和時代前期の僧。
慶応3年3月13日生まれ。明治23年日蓮宗(にちれんしゅう)妙満寺派(のちの顕本法華宗)の教務部長となる。急進的な宗門改革をとなえ,一時宗門を追放される。38年管長。天晴会,地明会を組織して門下統合,布教につくした。昭和6年3月16日死去。65歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。俗姓は国友。幼名は長次。著作に「大蔵経要義」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone