コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本多日生 ほんだ にっしょう

2件 の用語解説(本多日生の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

本多日生

顕本法華宗管長。兵庫県生。東洋大学の前身である哲学館に学び、宗門整備と仏教統一論を唱え、布教を中心とする教団の建設を目指した。『法華経講義』『日蓮聖人伝』等多数の著書がある。昭和6年(1931)寂、64才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多日生 ほんだ-にっしょう

1867-1931 明治-昭和時代前期の僧。
慶応3年3月13日生まれ。明治23年日蓮宗(にちれんしゅう)妙満寺派(のちの顕本法華宗)の教務部長となる。急進的な宗門改革をとなえ,一時宗門を追放される。38年管長。天晴会,地明会を組織して門下統合,布教につくした。昭和6年3月16日死去。65歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。俗姓は国友。幼名は長次。著作に「大蔵経要義」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

本多日生の関連キーワード小野重行小梨錦水佐伯芳馬坂湛桜井忠胤武内作平藤堂高成橋本実穎林喜右衛門水野草坡

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone