コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本多正珍 ほんだ まさよし

2件 の用語解説(本多正珍の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多正珍 ほんだ-まさよし

1710-1786 江戸時代中期の大名。
宝永7年7月8日生まれ。本多正矩(まさのり)の3男。享保(きょうほう)20年駿河(するが)(静岡県)田中藩主本多家2代となる。奏者番兼寺社奉行をへて,延享3年老中にすすむ。美濃(みの)(岐阜県)八幡(はちまん)藩の百姓一揆(いっき)(金森騒動)の処理をとがめられ,宝暦8年老中を罷免された。天明6年8月27日死去。77歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

本多正珍

没年:天明6.8.27(1786.9.19)
生年:宝永7.7.8(1710.8.2)
江戸中期の老中。正矩の子。享保20(1735)年10月駿河国田中藩(静岡県藤枝市)藩主就任。延享3(1746)年老中。宝暦4(1754)年にはじまる美濃国郡上藩(岐阜県郡上八幡町)で起きた一揆は,郡上藩金森氏の改易のみならず,藩主金森頼錦の縁者であることから同藩の施政に介入し事態を悪化させた遠江国相良藩(静岡県相良町)藩主西丸若年寄本多忠央の罷免・改易をもたらした。同じく頼錦の縁者である正珍もこれに巻き込まれ,同8年9月老中を罷免された。この背景には他老中との政争もあった。一揆と幕閣内の政争が複雑に絡み合い,その犠牲者となった人物である。<参考文献>山田忠雄「宝暦~明和期の百姓一揆」(『日本経済史体系』4巻)

(安藤優一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本多正珍の関連キーワード進藤長房凸巌養益狩野古信井伊直員板倉勝清酒井忠寄鳥居忠意本多正矩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone