コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本州地向斜 ほんしゅうちこうしゃ

百科事典マイペディアの解説

本州地向斜【ほんしゅうちこうしゃ】

秩父地向斜とも。古生代後半(シルル紀〜ペルム紀)に日本の主部(本州区)を占めていた地向斜。その中に海底火山噴出物やチャート,石灰岩などを含む秩父古生層が堆積し,古生代末〜中生代初期の本州造山運動により隆起・陸化したとされた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の本州地向斜の言及

【秩父地向斜】より

…原田豊吉,1889)からなる。本州地向斜(牛来正夫,1955)は同義であるが,局地名をさける趣旨で包括名として提唱された。秩父地向斜の構成のうち西南日本外帯の秩父累帯南帯(三宝山帯)には中生界が含まれることが1930年代から知られていたが,主部は産出化石にもとづき中・上部古生界とされていた。…

※「本州地向斜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

本州地向斜の関連キーワード秩父地向斜

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android