コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本庄宗長 ほんじょう むねなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本庄宗長 ほんじょう-むねなが

1687-1709 江戸時代中期の大名。
貞享(じょうきょう)4年生まれ。本庄(松平)資俊(すけとし)の3男。父は桂昌院(けいしょういん)(徳川綱吉の生母)の甥(おい)。14歳で中奥の小姓となる。宝永2年父とともに松平の称号をあたえられ,同年越前(えちぜん)(福井県)高森藩本庄家初代となった。2万石。宝永6年11月20日死去。23歳。初名は宗春。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

本庄宗長の関連キーワード東山天皇東山天皇井原西鶴東山天皇東山天皇岡清兵衛インノケンティウス[11世]ゴルコンダ王国ド・コットトリアノン

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android