コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本康親王 もとやすしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本康親王 もとやすしんのう

?-902* 平安時代前期,仁明(にんみょう)天皇の第5皇子。
母は滋野縄子(しげのの-つなこ)。承和(じょうわ)15年(848)元服兵部卿(ひょうぶきょう)となり,上総(かずさの)太守,大宰帥(だざいのそち)を兼任。のち式部卿,一品(いっぽん)。八条宮とよばれる。香の調合にすぐれた。延喜(えんぎ)元年12月14日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

本康親王

没年:延喜1.12.14(902.1.26)
生年:生年不詳
安前期の皇族で官人。仁明天皇の第5皇子で母は慈野貞主の娘縄子。一品式部卿宮,八条宮と称される。貞観5(863)年に兵部卿に任じられ,帯剣を賜った。20年後,式部卿に転じた。香の調合の名人といわれ,『源氏物語』(梅枝)では紫の上が「八条の式部卿の御方を伝へて」と,親王の調合法を伝授していたことになっている。『薫集類抄』によると,その調合は沈を主に甲香,丁子,白檀などを合わせ,1日酒につけたあと乾かしたり,ひと晩馬糞の下に埋める,といった独特のもの。その日記は『西宮記』に逸文として残る。

(朧谷寿)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

本康親王の関連キーワード平氏(へいし)藤原保忠平在寛源冷

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android