コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本拠地法 ほんきょちほう

2件 の用語解説(本拠地法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本拠地法
ほんきょちほう

法人の営業の中心地が所在する地の法律。取締役の権限など法人に関する一定の問題についての準拠法として,この本拠地法が主張されることがある。しかし,行政的な取締法規の適用は,実質に着目して行うことが妥当であるが,法的安定性の観点から法人の組織法上の問題は,その法人を設立した際に準拠した法律,すなわち設立準拠法によるという考え方が一般的である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ほんきょちほう【本拠地法】

法人の本拠が置かれている地の法律。法人と最も密接に関連する地における取引相手を保護するためにこれを法人の従属法とする考え方がある。 → 従属法

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の本拠地法の言及

【国際私法】より

…人には住所,物には所在地という本拠Sitzがあるように,法律関係にも本拠があるはずであり,その本拠のある場所に妥当している法律を準拠法とするのが最も適当であると考えるのである。この本拠地法の探求という発想は,準拠法としての適格性を一定のしかも唯一の地域との関連性の強度のいかんに求めるという基本的な態度から生まれたものであるが,それは抵触法の課題が他の場合とは異なり,同じ法律の抵触問題でも地域的・空間的なそれの解決であった,つまり,何処の場所の,何処の国の法律を基準とすべきか,これが中心的な課題であった,このことからすると,うなずけるものがある。他方では,本来いくつかの地域にまたがって展開されている国際的な関係を特定の一地域内にのみ押し込めるという属地化localisationへの志向が指摘できる。…

※「本拠地法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

本拠地法の関連キーワード私法人非営利法人一般法人無限責任中間法人有限責任中間法人外部監事外部理事内国法人内国普通法人社団法人と財団法人

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone