コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本木庄太夫 もときしょうだゆう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本木庄太夫
もときしょうだゆう

[生]寛永5(1628)
[没]元禄10(1697).10.19. 長崎
江戸時代前期の通詞。諱は栄久,元禄8 (1695) 年剃髪して名を良意と改める。寛文4 (64) 年阿蘭陀小通詞,同8年大通詞,元禄8 (95) 年に通詞目付を歴任し,この間オランダ人の江戸参府に9回随行した。また,通詞のなかでも豊富な医学知識をもっており,天和2 (82) 年レメリンの解剖書を翻訳して『阿蘭陀経絡筋脈臓腑図解』 (のちに『和蘭全躯内外分合図』と改題) を著わした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本木庄太夫
もときしょうだゆう
(1628―1697)

江戸前期のオランダ通詞。名は栄久(えいきゅう)。庄太夫は通称。良意(りょうい)と号す。平戸(ひらど)生まれ。1659年(万治2)長崎に移って通詞に採用され、1664年(寛文4)小通詞に、1668年大通詞となる。1673年(延宝1)イギリス船リターン号長崎来航時に通弁にあたる。1682年(天和2)オランダ商館長の江戸参府に随行、拝礼の際、オランダ舞を披露、葵章(きしょう)の弓を賞賜された。1695年(元禄8)通詞目付となる。通詞職のかたわら、商館員から医学知識を受け、ドイツ人レムメリンJohann Remmelin(1583―1632)の解剖書のオランダ語訳本を重訳。没後の1772年(明和9)鈴木宗云(そううん)によって『和蘭全躯(おらんだぜんく)内外分合図』と題して刊行された。解剖図と説明書の2冊で、『解体新書』出版の2年前にあたるが、影響はなかった。[片桐一男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

本木庄太夫の関連キーワード日本の医学史(年表)瀬尾昌琢

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android