コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良意 りょうい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

良意 りょうい

1034-1103 平安時代中期-後期の僧。
長元7年生まれ。越前守藤原良経の子。天台宗。近江(おうみ)(滋賀県)園城(おんじょう)寺で行円(ぎょうえん),頼尋にまなぶ。康平7年行観に灌頂(かんじょう)をうけ,寛治(かんじ)2年堀河天皇の護持僧となる。園城寺に青竜院をひらいた。権(ごんの)僧正。康和5年11月15日死去。70歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

良意の関連キーワード引く・曳く・退く・牽く・惹く防ぎ・禦ぎ・拒ぎ演劇改良運動本木庄太夫和田維四郎ぼっとり瀬尾昌琢上総木綿葛城円原三信底至り宵立ち真ん陸ふける浄厳真陸新劇

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android