コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良意(読み)りょうい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

良意 りょうい

1034-1103 平安時代中期-後期の僧。
長元7年生まれ。越前守藤原良経の子。天台宗。近江(おうみ)(滋賀県)園城(おんじょう)寺で行円(ぎょうえん),頼尋にまなぶ。康平7年行観に灌頂(かんじょう)をうけ,寛治(かんじ)2年堀河天皇の護持僧となる。園城寺に青竜院をひらいた。権(ごんの)僧正。康和5年11月15日死去。70歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android