本瓦ぶき(読み)ほんがわらぶき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「本瓦ぶき」の意味・わかりやすい解説

本瓦ぶき
ほんがわらぶき

瓦ぶき屋根一種平瓦 (断面が湾曲した矩形の瓦) と丸瓦 (断面が半円状の瓦) とを交互に並べてふいた屋根,またはそのふき方。飛鳥時代寺院建築の技術として中国から輸入されたもの。まず平瓦を並べてふき,その継ぎ目に丸瓦をかぶせてふく。丸瓦は普通は半円筒形であるが,上を細く下を太くして重ねてふくものを行基 (ぎょうき) ぶきという。のちに平瓦と丸瓦を一体として加工された桟瓦 (さんがわら。隅に切込みのある瓦) が江戸時代初期に発明され,一般に広く使用されるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android