コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本田あふひ ほんだ あおい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本田あふひ ほんだ-あおい

1875-1939 大正-昭和時代前期の俳人。
明治8年12月17日生まれ。甥(おい)の島村元(はじめ)とともに高浜虚子(きょし)に師事する。夫の貴族院議員本田親済と死別後,「ホトトギス」同人となり,婦人俳句会,武蔵野探勝会などを指導。謡曲にもすぐれた。昭和14年4月2日死去。65歳。没後に「本田あふひ句集」が刊行された。東京出身。華族女学校卒。旧姓は坊城。本名は伊万子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

本田あふひの関連キーワード本田 あふひ屠蘇俳人

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android