コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島村元 しまむら はじめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島村元 しまむら-はじめ

1893-1923 大正時代の俳人。
明治26年6月25日生まれ。外交官島村久の子。父の任地アメリカで生まれる。大正2年から高浜虚子(きょし)に師事し,「ホトトギス」にくわわる。するどい感性による写生句で注目されたが,大正12年8月26日死去。31歳。死後,「島村元句集」が刊行された。慶大中退。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

島村元
しまむらはじめ
(1893―1923)

俳人。外交官であった父の任地アメリカで生まれる。帰国後大阪、岡山の小・中学を経て慶応義塾大学に入ったが病気のため中退。1913年(大正2)より高浜虚子(きょし)に師事して『ホトトギス』に入り、鋭い感性に支えられた写生句により大いに将来を嘱望されたが、31歳で病没。一周忌にあたり『島村元句集』(1924)が刊行された。
 春雷や布団の上の旅衣[村山古郷]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

島村元の関連キーワード本田あふひ島村 元村山古郷大正時代俳人

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

島村元の関連情報