本船・元船(読み)もとぶね

大辞林 第三版の解説

もとぶね【本船・元船】

小舟を従えている大きな船。おやぶね。
沖に停泊して、はしけで陸上と交通した大きな荷船。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

もと‐ぶね【本船・元船】

〘名〙
① 伝馬船(橋船・はしけ・枝船)など付属の小船に対して、それを持つ大船をいう。
※廻船大法之巻(16Cか)「本船枝船之時、枝船の荷物捨て、本船無恙時者、本船に配当有間敷事」
② 港湾で瀬取りをする瀬取船・茶船・上荷船の類に対して碇泊中の大型荷船をいう。
浮世草子好色一代女(1686)三「外より見るもかまはず元(モト)ぶねに乗移り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android