伝馬船(読み)テンマセン

  • てんまぶね

百科事典マイペディアの解説

大型の船に付属して陸岸との往来などの作業に従事する小型の船。通常,船尾左舷に櫓(ろ)を備え1人でこぐ。操船自由で軽快。また漁船,機帆船,沿岸用発動機船などが救命,連絡用などとして積載することも多い。
→関連項目サンパン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

小型の和船。普通、本船に搭載され岸との間の荷物の積み降ろしに用いられた。橋船。はしけ。てんまぶね。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本船と岸との間を往来して荷物または人を運ぶための小船。橋船(はしふね)ともいう。近世の大型船は航海中に伝馬船を船上に搭載する必要があったため、その大きさは800石積みの船の場合には20石積みというように本船の40分の1を標準とした。船体は二階造りの典型的な和船構造であるが、一本水押(みよし)の先端は上棚(うわだな)上縁より突出しないのが特徴である。推進具は1~8丁の櫓(ろ)または櫂(かい)で、大型のものは帆も装備する。
 現代では、港内や河川で使われる通船、雑用船などを含めた広範な小船の名称として用いられている。[石井謙治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 本船に搭載し、岸との連絡や荷物の積みおろしに使用する木造の小船。近世では二〇〇石積以上の荷船はすべて搭載したが、大きさは本船の積石数の二〇分の一から四〇分の一程度である。伝馬。橋船。はしけ。枝船。てんまぶね。
※捕影問答(1807‐08)前「元船大さ、遠見にては、此方五六百積位、帆柱三本、てんま船四艘有之候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伝馬船の関連情報