コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伝馬船 テンマセン

5件 の用語解説(伝馬船の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てんま‐せん【伝馬船】

木造の小型和船。ふつう櫓(ろ)か櫂(かい)でこぎ、本船と岸との間を往復して荷などの積み降ろしを行う。艀(はしけ)。てんまぶね。

てんま‐ぶね【伝馬船】

てんません(伝馬船)」に同じ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

伝馬船【てんません】

大型の船に付属して陸岸との往来などの作業に従事する小型の船。通常,船尾左舷に櫓(ろ)を備え1人でこぐ。操船自由で軽快。また漁船,機帆船,沿岸用発動機船などが救命,連絡用などとして積載することも多い。
→関連項目サンパン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

てんません【伝馬船】

小型の和船。普通、本船に搭載され岸との間の荷物の積み降ろしに用いられた。橋船。はしけ。てんまぶね。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伝馬船
てんません

本船と岸との間を往来して荷物または人を運ぶための小船。橋船(はしふね)ともいう。近世の大型船は航海中に伝馬船を船上に搭載する必要があったため、その大きさは800石積みの船の場合には20石積みというように本船の40分の1を標準とした。船体は二階造りの典型的な和船構造であるが、一本水押(みよし)の先端は上棚(うわだな)上縁より突出しないのが特徴である。推進具は1~8丁の櫓(ろ)または櫂(かい)で、大型のものは帆も装備する。
 現代では、港内や河川で使われる通船、雑用船などを含めた広範な小船の名称として用いられている。[石井謙治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伝馬船の関連キーワード懐中寓宗端舟誓いの船同船付属品道止め四つの船渡り領絡繹

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伝馬船の関連情報