コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本野一郎 もとの いちろう

2件 の用語解説(本野一郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本野一郎 もとの-いちろう

1862-1918 明治-大正時代の外交官。
文久2年2月23日生まれ。本野盛亨(もりみち)の長男。フランスに留学し,外務省にはいる。フランス公使をへてロシア大使となり,日露戦争時の外交と戦後の日露協約締結に尽力。大正5年寺内内閣の外相。ロシア革命に対しシベリア出兵を強硬に主張した。大正7年9月17日死去。57歳。肥前佐賀出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

本野一郎

没年:大正7.9.17(1918)
生年:文久2.2.22(1862.3.22)
明治大正期の外交官。佐賀藩出身の蘭学者本野盛亨の長子として生まれる。明治6(1873)年フランスに渡航し,9年7月までパリで修業。9年9月帰国し東京外国語学校に入学。17年11月フランスのリヨン法科大に入学し優秀な成績をおさめた。22年7月法律博士試験に及第し,同年10月帰国。翌23年外務省の翻訳官に就任した。26年法学博士の学位取得,29年公使館1等書記官としてロシア在勤。31年10月ベルギー公使,34年12月フランス公使となる。その間得意のフランス語を活用してそれら諸国との交渉に努力した。日露戦争前後の外交上の功により男爵を授けられた。39年1月ロシア公使(間もなく大使に昇格)となり,大正5(1916)年に至るまでその任を動かず,4回にわたる日露協約を締結して日露関係の改善に尽力し,特に第4回日露協約締結の功により子爵となる。寺内内閣が成立すると外務大臣に就任し,6年7月臨時外交調査会委員となる。同年11月のロシア革命とその後の事態に対処し,シベリア出兵が問題になると積極的に出兵を主張したが,閣議で反対にあい,持病の悪化もあって7年4月辞職。日本軍がシベリア出兵を宣言(8月2日)した直後の9月17日没した。本野は語学に秀でた外交官であったが,外務大臣としての任期は短く十分にその力を発揮できなかった。

(吉村道男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本野一郎の関連キーワード蘭学の宇田川家3代伊集院彦吉大庭雪斎尾崎義倉知鉄吉坪上貞二林毅陸日置益松村貞雄陸奥広吉

本野一郎の関連情報