コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本野盛亨 もとの もりみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本野盛亨 もとの-もりみち

1836-1909 明治時代の官吏,新聞人。
天保(てんぽう)7年8月15日生まれ。本野一郎の父。もと肥前佐賀藩士。緒方洪庵(こうあん)に蘭学,フルベッキらに英学をまなぶ。維新後は神奈川県大参事,駐英公使館書記官,横浜税関長などを歴任。また子安峻(たかし)らと読売新聞を創業し,明治22年2代社長となった。明治42年12月10日死去。74歳。本姓は八田。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

本野盛亨

没年:明治42.12.10(1909)
生年:天保7.8.15(1836.9.25)
明治期の官僚,新聞経営者。佐賀藩士八田進の子,同藩本野権太夫の養嗣子。通称周造。漢学を谷口藍田,広瀬旭荘 に,蘭学を緒方洪庵に,英学をフルベッキに学ぶ。慶応2(1866)年藩命で江戸出府。明治1(1868)年神奈川県参事。外務権少丞,在英公使館1等書記官から大蔵省に転じ租税助,9年より15年まで横浜税関長,20年大阪控訴裁判所検事で退官。3年,子安峻・柴田昌吉と英和辞書印刷に日就社を設立。のち活字,設備を利用し庶民向け小新聞(大衆紙)『読売新聞』創刊,2代社長に。次男英吉郎が4代社長。東京で病没。長子一郎は寺内内閣外相。<参考文献>『読売新聞百年史』

(安岡昭男)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

本野盛亨の関連キーワード読売新聞社本野英吉郎本野亨

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android