コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本野盛亨 もとの もりみち

2件 の用語解説(本野盛亨の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本野盛亨 もとの-もりみち

1836-1909 明治時代の官吏,新聞人。
天保(てんぽう)7年8月15日生まれ。本野一郎の父。もと肥前佐賀藩士。緒方洪庵(こうあん)に蘭学,フルベッキらに英学をまなぶ。維新後は神奈川県大参事,駐英公使館書記官,横浜税関長などを歴任。また子安峻(たかし)らと読売新聞を創業し,明治22年2代社長となった。明治42年12月10日死去。74歳。本姓は八田。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

本野盛亨

没年:明治42.12.10(1909)
生年:天保7.8.15(1836.9.25)
明治期の官僚,新聞経営者。佐賀藩士八田進の子,同藩本野権太夫の養嗣子。通称周造。漢学を谷口藍田,広瀬旭荘 に,蘭学を緒方洪庵に,英学をフルベッキに学ぶ。慶応2(1866)年藩命で江戸出府。明治1(1868)年神奈川県参事。外務権少丞,在英公使館1等書記官から大蔵省に転じ租税助,9年より15年まで横浜税関長,20年大阪控訴裁判所検事で退官。3年,子安峻・柴田昌吉と英和辞書印刷に日就社を設立。のち活字,設備を利用し庶民向け小新聞(大衆紙)『読売新聞』創刊,2代社長に。次男英吉郎が4代社長。東京で病没。長子一郎は寺内内閣外相。<参考文献>『読売新聞百年史』

(安岡昭男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本野盛亨の関連キーワード大島宇吉岡実後藤清郎小西義敬小林光政関新平徳久恒範新田宇一郎広井一広瀬永太郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone