本間 三郎(読み)ホンマ サブロウ

20世紀日本人名事典の解説

本間 三郎
ホンマ サブロウ

明治・大正期の政治家,剣道家(範士) 衆院議員(憲政会)。



生年
安政6年3月(1859年)

没年
昭和3(1928)年12月26日

出身地
上野国(群馬県)

本名
本間 応

経歴
群馬県赤堀村議、佐波郡議などを経て、大正4年から衆院議員(憲政会)に当選3回。一方、本間家伝来の念流剣術を修め、直心影流無刀流も学び、9年大日本武徳会剣道範士となる。伊勢崎警察署、群馬県工業学校などで剣道を教えた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android