無刀流(読み)ムトウリュウ

  • むとうりゅう ムタウリウ
  • むとうりゅう〔ムタウリウ〕

世界大百科事典 第2版の解説

剣術の一流派。正式には一刀正伝無刀流。開祖明治維新に活躍した山岡鉄舟鉄舟一刀流を学ぶかたわら,や書に通じ,1880年悟るところがあり無刀流を立てた。無刀流の極意を〈心外無刀〉(心のほかに刀無し)とし,勝負にこだわらずもっぱら心を練る修練を重視した。厳しい稽古をやり抜いて無心のに至る修行法は,禅の修行と共通する。優れた弟子も多く,心の修練による人間教育をめざす修養論的剣道観は,近代剣道が教育的に発達する母体になった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

1880年(明治13)3月、山岡鉄舟が創始した剣術の一流派。鉄舟は通称鉄太郎、幼少のころから剣を好み、20歳のとき講武所(こうぶしょ)剣術世話役にあげられるほどの腕前であったが、1863年(文久3)浅利又七郎義明(あさりまたしちろうよしあき)の門に入って中西派一刀流の奥義を得た。また禅学に打ち込み、願翁、星定、滴水、洪川らの名僧に参禅し、剣禅ともに悟道して無敵の境地に到達したという。1884年一刀流正統小野業雄(おのなりお)より正伝の奥秘と小野家伝の瓶割刀(かめわりとう)を授けられ、正式の流名を一刀正伝(いっとうしょうでん)無刀流と称した。その前年11月、四谷(よつや)の自邸裏庭に8間に3間半の剣道場を新築し、春風館(しゅんぷうかん)と命名した。ここに集まる者は中条金之助(ちゅうじょうきんのすけ)、小南(こみなみ)易知、高橋道太郎(泥舟の息)をはじめ長谷川運八郎、中田誠実、多門正文(たもんまさぶみ)、松平莞爾、鯉淵(こいぶち)正道、中村定右衛門、香川善次郎、籠手田安定(こてだやすさだ)、北垣国道(きたがきくにみち)、柳多(やなぎだ)元治郎ら多士済々(たしさいさい)であった。その修行法は勝敗よりも精神を練ることを専一とし、その厳しさには定評があった。

[渡邉一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 剣術の流派の一つ。正しくは、一刀正伝無刀流という。幕末に幕臣小野朝右衛門の息男、山岡鉄舟高歩が、千葉周作・斎藤孫九郎・浅利義明らの門に学び、創始したもの。勝敗よりも精神鍛練を重んじた。
※江戸から東京へ(1921)〈矢田挿雲〉六下「千葉周作の真影流を卒業して遂に無刀流(ムタウリウ)なる一派を開いた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の無刀流の言及

【山岡鉄舟】より

…幕臣でその後明治天皇の侍従。一刀正伝無刀流剣術の開祖(無刀流)。旧姓小野,諱(いみな)は高歩(たかゆき),通称は鉄太郎,鉄舟は号。…

※「無刀流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android