本間三郎(読み)ほんま さぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「本間三郎」の解説

本間三郎 ほんま-さぶろう

1859-1928 明治-大正時代政治家,剣道家。
安政6年3月生まれ。群馬県佐波郡会議員などをへて,大正4年衆議院議員(当選3回,憲政会)。本間家伝来の念流をおさめ直心影流,無刀流もまなび,9年大日本武徳会剣道範士となる。昭和3年12月26日死去。70歳。上野(こうずけ)(群馬県)出身。名は応登。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android