コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朱印寺社 しゅいんじしゃ

世界大百科事典 第2版の解説

しゅいんじしゃ【朱印寺社】

江戸時代,将軍が出した朱印状によって,寺領の年貢が免除された寺院や神社のこと。朱印状の文言はほとんど変わらないが,与えられた寺領高,社領高はそれぞれ異なっている。朱印状が寺社に下付されるのは歴代将軍の就任の時期であるので,寺社には15人の将軍より朱印状が下付されたわけである。朱印地の高の大小はそれほど問題ではなく,1石といえども将軍から下付された朱印地を所有していることが,寺格,社格の高さにつながっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

朱印寺社の関連キーワード御朱印

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android