コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朱邪赤心 しゅやせきしんZhu-ye Chi-xin; Chu-yeh Ch`ih-hsin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朱邪赤心
しゅやせきしん
Zhu-ye Chi-xin; Chu-yeh Ch`ih-hsin

[生]?
[没]光啓3 (887)
中国,節度使。トルコ系沙陀の人。沙陀は父朱邪執宜の代に唐に帰属,塩州に置かれ,執宜は陰山府都督,代北行営招撫使となった。赤心は父を継ぎ,咸通年間(860~874),龐勛の乱平定に功を立て,大同軍節度使に任じられ,李国昌姓名を賜わった。後唐の太祖李克用は三男。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅやせきしん【朱邪赤心 Zhū yé Chì xīn】

?‐887
中国,唐の節度使。朱邪氏は沙陀突厥の別部で,赤心の父の執宜のときに唐に内属した。赤心は龐勛(ほうくん)の乱(868‐869)を討伐し,その功で大同軍節度使に任じられるとともに,李国昌という姓名を賜った。いったんは唐にそむいたが,黄巣の乱に際しては,子の李克用とともに唐を助け,代北軍節度使に任じられた。のちに後唐の荘宗が即位し,献祖の廟号を追贈された。【礪波 護】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

朱邪赤心の関連キーワードカール[3世]カルル3世(肥満王)代襲相続光孝天皇カール[3世]光孝天皇肥満王アルヌルフ[ケルンテンの]宇多天皇光孝天皇