コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朱邪赤心 しゅやせきしん Zhu-ye Chi-xin; Chu-yeh Ch`ih-hsin

2件 の用語解説(朱邪赤心の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朱邪赤心
しゅやせきしん
Zhu-ye Chi-xin; Chu-yeh Ch`ih-hsin

[生]?
[没]光啓3(887)
中国,唐の節度使。トルコ系沙陀 (さだ) の人。沙陀は彼の父朱邪執宜の代に唐に帰属,塩州におかれ,執宜は陰山府都督,代北行営招撫使となった。赤心は父を継ぎ,咸通年間 (860~874) ,龐くん (ほうくん) の乱平定に功を立て,大同軍節度使に任じられ,李国昌の姓名を賜わった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しゅやせきしん【朱邪赤心 Zhū yé Chì xīn】

?‐887
中国,唐の節度使。朱邪氏は沙陀突厥の別部で,赤心の父の執宜のときに唐に内属した。赤心は龐勛(ほうくん)の乱(868‐869)を討伐し,その功で大同軍節度使に任じられるとともに,李国昌という姓名を賜った。いったんは唐にそむいたが,黄巣の乱に際しては,子の李克用とともに唐を助け,代北軍節度使に任じられた。のちに後唐の荘宗が即位し,献祖の廟号を追贈された。【礪波 護】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

朱邪赤心の関連キーワード安禄山後唐後梁石敬瑭節度使前蜀李克用高駢帰義軍節度使静海軍節度使

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone