コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朴瑞生 ぼく ずいせい

2件 の用語解説(朴瑞生の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朴瑞生 ぼく-ずいせい

?-? 朝鮮王朝の官僚。
1407年科挙に合格。正長(しょうちょう)元年朝鮮通信使の正使として来日,翌年室町幕府将軍足利義教(よしのり)に謁見して帰国した。帰国後,農業への水車の利用,銭の流通など,当時の日本の生活や社会情勢をくわしくかいた復命書を提出した。字(あざな)は汝祥。号は栗亭。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

朴瑞生

生年:生没年不詳
朝鮮王朝初期の官人。日本語読みは「ぼく・ずいせい」。字は汝祥,号は栗亭。太宗7(1407)年科挙に合格。正長1(1428)年通信正使として日本に派遣され,翌年京都で室町幕府将軍足利義教に謁見して帰国した。帰国後朝廷に復命して,幕府に海賊禁止の実力がないこと,盛んに銭が通用していることなど日本の状況に関して報告した。

(鶴田啓)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朴瑞生の関連キーワード朝鮮王朝実録李朝実録論語読み朝鮮王室儀軌金誠一黄允吉洪喜男申維翰趙泰億李芸

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

朴瑞生の関連情報