コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足利義量 あしかがよしかず

8件 の用語解説(足利義量の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

足利義量
あしかがよしかず

[生]応永14(1407)
[没]応永32(1425).2.27. 京都
室町幕府5代将軍 (在職 1423~25) 。義持の子。在職3年で病死。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あしかが‐よしかず【足利義量】

[1407~1425]室町幕府第5代将軍。在職1423~1425。義持の子。17歳で将軍となったが、2年後病死。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

足利義量【あしかがよしかず】

室町幕府5代将軍。4代義持の子。1423年征夷大将軍となるが,引き続き義持が幕政を担当。政務にほとんど携わることなく,2年後に病死した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

足利義量 あしかが-よしかず

1407-1425 室町幕府5代将軍。在職1423-25。
応永14年7月24日生まれ。足利義持の子。応永30年父が将軍職を辞したため,その跡をつぐ。実権は父の掌中にあり,実質的な活躍はなかった。酒色におぼれて病を得,在職2年で32年2月27日死去。19歳。法号は長得院。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

足利義量

没年:応永32.2.27(1425.3.16)
生年:応永14.7.24(1407.8.27)
室町幕府第5代将軍。義持の長男,母は日野資康の娘栄子。応永24(1417)年12月元服,正五位下右近衛中将に叙任される。同30年3月,父義持のあとを受けて将軍に任官したが,依然義持が「室町殿」と称され政務を親裁し,義量は全くの傀儡であった。同年10月参議,翌年1月正四位下に上るが,その翌月発病して死去。19歳。その死後はなお義持が親裁し,兄弟もなかったため将軍職は約4年間空位のままであった。長禄1(1457)年,33回忌に左大臣従一位を追贈された。

(今谷明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あしかがよしかず【足利義量】

1407‐25(応永14‐32)
室町幕府5代将軍。4代義持の子。1417年元服。21年父義持に大酒を戒められる。23年3月18日,義持に代わり17歳で征夷大将軍となる。このころ義量は父母と諸所へ参詣遊山に赴く。25年2月27日,在職わずか2年程で病死した。この間,義量は将軍職に備わるのみで,引き続き義持が幕政を執行したため,その事跡には見るべきものがない。【鳥居 和之】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あしかがよしかず【足利義量】

1407~1425) 室町幕府五代将軍(在職1423~1425)。義持よしもちの子。1423年将軍、在職三年で早世した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

足利義量
あしかがよしかず
(1407―1425)

室町幕府第5代将軍。義持(よしもち)の子。極官は正四位下、参議、右中将。1423年(応永30)父義持が将軍を辞したことにより、征夷(せいい)大将軍を宣下(せんげ)される。酒を好み宴遊をこととし、在職3年で応永(おうえい)32年2月27日没した。父義持が将軍を辞したとはいえ健在で、実権は義持の掌中にあり、義量は虚名を有するのみであった。ために酒色におぼれ、早世するところとなり、その事績はあまりない。法号は長得院鞏山道基(ちょうとくいんきょうざんどうき)。贈左大臣従(じゅ)一位。[伊藤喜良]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

足利義量の関連キーワード足利義勝犬公方室町殿安養院朽木稙綱(1)三条尹子曾我尚祐日野栄子日野重光妙音院

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone