コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朴竜喆 ぼくりゅうてつPak Yong‐ch’ŏl

世界大百科事典 第2版の解説

ぼくりゅうてつ【朴竜喆 Pak Yong‐ch’ŏl】

1904‐38
朝鮮の詩人。号は竜児。全羅南道光州出身。培材高等普通学校卒業後日本に渡り,東京外国語学校ドイツ語,英語をまなび,帰国後延禧専門学校(延世大学校前身)文科にて修学。1930年詩専門同人誌《詩文学》を発刊・主宰した。人生の哀愁,生への懐疑を象徴的手法でうたった作品が多く,徹底して芸術至上主義的立場に立った。詩創作のほかにもイギリス,アメリカ,ドイツ等の詩の翻訳も300余編に達するが,これらはそれ以前の日本語からの重訳ではなく,原語からの直接訳である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

朴竜喆の関連キーワード日露戦争史(年表)日露戦争ロシア革命解析変成作用熱雲インターナショナルウェーバー(Max Weber)ソディソフィア東欧演劇

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android