コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朴英熙 ぼくえいきPak Yong‐hǔi

1件 の用語解説(朴英熙の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぼくえいき【朴英熙 Pak Yong‐hǔi】

1901‐?
朝鮮の詩人,評論家。ソウル生れ。培材高等普通学校を卒業後日本に留学し,帰国して詩作をはじめる。初期はベルレーヌワイルド等に影響をうけ耽美的な傾向にあったが,マルクス主義文芸理論に触れ,1925年金基鎮らとともにカップ(朝鮮プロレタリア芸術同盟)を組織し,左翼文学理論の旗手の一人となった。32年カップ脱退後は親日文学にむかっていった。解放後韓国で大学の講師などをしていたが,朝鮮戦争時に北につれさられたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

朴英熙の関連キーワード正岡子規カクランノルデンショルドブラントンロッシュ星亨草かげの小径にてデトロイト・タイガースカイペル鏑木清方

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone