コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朴英熙 ぼくえいきPak Yong‐hǔi

世界大百科事典 第2版の解説

ぼくえいき【朴英熙 Pak Yong‐hǔi】

1901‐?
朝鮮の詩人,評論家。ソウル生れ。培材高等普通学校を卒業後日本に留学し,帰国して詩作をはじめる。初期はベルレーヌ,ワイルド等に影響をうけ耽美的な傾向にあったが,マルクス主義文芸理論に触れ,1925年金基鎮らとともにカップ(朝鮮プロレタリア芸術同盟)を組織し,左翼文学理論の旗手の一人となった。32年カップ脱退後は親日文学にむかっていった。解放後韓国で大学の講師などをしていたが,朝鮮戦争時に北につれさられたという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

朴英熙の関連キーワードKAPF朝鮮之光

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android