コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金基鎮 きんきちん Kim Ki‐chin

1件 の用語解説(金基鎮の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きんきちん【金基鎮 Kim Ki‐chin】

1903‐1985
朝鮮の文学者。忠清北道生れ。エッセー,詩,評論,小説の各分野で活躍。培材高等普通学校を経て1920年渡日,立教大学予科に学ぶ。滞日中,麻生久らを通じて階級的視点にめざめていく。23年帰国し3号から《白潮》同人。同年9~10月《開闢(かいびやく)》に〈クラルテ運動の世界化〉を連載,これをもって朝鮮のプロレタリア文学が発足したとされる。日帝末期に対日協力したかどで,朝鮮戦争中にいわゆる人民裁判にかけられ九死に一生を得る

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

金基鎮の関連キーワード内臣衛氏朝鮮漢江箕子朝鮮錦江増補文献備考忠清北道潘基文金東勲白鉄

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone