金基鎮(読み)きんきちん(英語表記)Kim Ki‐chin

世界大百科事典 第2版の解説

きんきちん【金基鎮 Kim Ki‐chin】

1903‐1985
朝鮮の文学者。忠清北道生れ。エッセー,詩,評論,小説の各分野で活躍。培材高等普通学校を経て1920年渡日,立教大学予科に学ぶ。滞日中,麻生久らを通じて階級的視点にめざめていく。23年帰国し3号から《白潮》同人。同年9~10月《開闢(かいびやく)》に〈クラルテ運動の世界化〉を連載,これをもって朝鮮のプロレタリア文学が発足したとされる。日帝末期に対日協力したかどで,朝鮮戦争中にいわゆる人民裁判にかけられ九死に一生を得る。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

367日誕生日大事典の解説

金基鎮 (きん きちん)

生年月日:1903年6月29日
朝鮮民主主義人民共和国の詩人・小説家・評論家
1985年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android