コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朽木稙元 くつき たねもと

1件 の用語解説(朽木稙元の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朽木稙元 くつき-たねもと

1664-1722* 江戸時代中期の大名。
寛文4年3月27日生まれ。朽木稙昌(たねまさ)の子。宝永5年丹波福知山藩(京都府)藩主朽木家2代となり,弟稙治(たねはる)に3000石を分与。奏者番をつとめ,徳川家継(いえつぐ)の将軍宣下の儀式や,徳川吉宗(よしむね)の代替わりの儀式にかかわった。享保(きょうほう)6年11月24日死去。58歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朽木稙元の関連キーワード工藤治兵衛南部重直秋田藩勘定組頭康熙帝デフォー井上正岑近衛基煕近衛基熙康熙帝・康煕帝

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone