コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朽木綱張 くつき つなはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朽木綱張 くつき-つなはる

1816-1867 江戸時代後期の大名。
文化13年8月6日生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)膳所(ぜぜ)藩主本多康禎(やすつぐ)の次男。朽木綱条(つなえだ)の養子となり,天保(てんぽう)7年丹波福知山藩(京都府)藩主朽木家12代。財政改革のため年貢増徴策や専売制を実施し,万延元年百姓一揆(いっき)(福知山騒動)をまねき,奏者番を辞任した。慶応3年2月25日死去。52歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朽木綱張の関連キーワード朽木為綱

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android