コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉山市太夫 すぎやま いちだゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉山市太夫 すぎやま-いちだゆう

1831-1869 幕末の武士。
天保(てんぽう)2年3月生まれ。下総(しもうさ)関宿(せきやど)藩(千葉県)家老。慶応4年新政府軍に協力するため藩主久世広文を江戸からむかえようとして失敗。明治2年4月20日反対派に暗殺された。39歳。名は正臣。字(あざな)は允卿。号は対軒,痴雲。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

杉山市太夫の関連キーワード藩学一覧チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)サボイア家女性参政権ゴローブニンジョードンバードハラタママイヨメイラン

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android